おいしい豚肉レシピ

特別な日はポークでキメて!  パーティーやイベントにおすすめ
モモブロックを使って 煮豚チャーシュー
~ 栄養・料理ポイント ~
煮豚チャーシューはラーメン屋さんがよく作る肉を煮てからタレに漬け込むチャーシューです。昔ながらのモモ肉を使用したなつかしい味に仕上げています。
豚のモモ肉には内モモ、外モモ、シンタマなど複数の部位があります。いずれの部位も脂の少ない赤身肉ですので、煮すぎてしまうと固くなるので煮方には注意が必要です。
今回の調理方法では500gくらいのブロック肉をしっとりと仕上げることができます。また残ったゆで汁はラーメンのスープに使うことができます。

材料

  • やまと豚モモ肉ブロック約1kg
    (約400g~約500gの物 2~3ブロック)
  •    
  • 醤油 150ml
  • 酒(紹興酒もしくは日本酒) 80ml
≪ A ≫
  • オイスターソース 50ml
  • 塩 小さじ1
  • パイナップル缶詰 約250g
    (すりつぶす・具と汁使用)
  • 赤唐辛子 2本
  • 生姜スライス 5枚
  • ゆで用香味野菜
    長ねぎ(青い部分)・にんにく・生姜 適量
  • すり込み用
    塩(肉1kgに対し) 10g
    砂糖 5g
≪付け合わせ≫
  • ラーメン お好みで
  • 長ねぎ お好みで
  • 煮卵 お好みで
作り方 60分(漬け込み時間は除く)
1やまと豚モモ肉に塩と砂糖をすり込み一晩置く。
タコ糸で縛る(煮豚用ネットでも可)フライパンにサラダ油(分量外小さじ1)を入れ、肉全面に焼き色をつける。

2鍋に水を入れ、ゆで用香味野菜と1のブロック肉を入れ火にかける。沸いたら弱火にし20分煮る。火を止め蓋をしさらに20分静置。

3別の鍋に醤油・酒を火にかけアルコール分を飛ばす。Aの具材を加え10分程度煮てタレの完成。
ジップロックなどにタレ・肉を入れ密閉し少なくても1時間以上漬込む。


このレシピは、「やまと豚モモ肉ブロック」を使用しています。


このレシピを制作したのは?
  • 商品部 商品企画課
  • 食品衛生管理者・日本BBQ協会認定上級インストラクター
  • 最上信介

プロフィール

バイクメッセンジャーとして国内外で働く、多彩な食文化を体験し食肉加工と料理の道に転身、フリーデンに入社。
得意料理は香港焼売・ビストロ肉料理
食肉加工の経験を元に、肉・魚食文化を合わせた食育活動を広げていきます。

料理コンセプト

肉料理は切り方・厚さ、焼く手法・温度、塩・香辛料、少しのポイントや化学でもっと美味しくなります。
そんな各国料理やプロの技の中からを「美味しくなるコツ」をご家庭に紹介します。


このページの先頭へ