おいしい豚肉レシピ

特別な日はポークでキメて!  パーティーやイベントにおすすめ vol.05
やまと豚スティック(あら挽き肉のソーセージ風仕立て)と野菜の盛り合わせ

手作りソーセージ用のフィーラー(腸詰器)がなくても、簡単にソーセージ(風?)が作れます。
パーティのオードブルにもぴったりで、見た目的にもGOOD!。「さすが、マイスター!」と言われそうです。

材料:各2本分

≪プレーン≫
  • やまと豚ひき肉(粗挽き)120g
  • 塩、砂糖 各2g
  • 白胡椒 1g
  • 水 10cc
≪ブラックペッパー≫
  • やまと豚ひき肉(粗挽き)120g
  • 塩 2g
  • 白胡椒 1g
  • ブラックペッパー 2g
  • 水 10cc
≪カレー≫
  • やまと豚ひき肉(粗挽き)120g
  • 塩 2g
  • 白胡椒 1g
  • カレー粉 2g
  • 水 10cc
作り方
1ボウルに調味料を入れて水に溶かす。 冷えた状態のひき肉と混ぜる。
フリーデンポイント!
夏は水を氷水にするとおいしく食べられる時間が長くなります

2ラップをひいて1本60gで巻く。 つまようじで刺して空気を抜き、さらに巻いていく。

3やまと豚スティックを油はひかずに中火で焼く。焼き時間の目安は5分くらい。表面に透明な肉汁が浮いてきます。
フリーデンポイント!
お肉の油で美味しく焼けるので油はひきません

4金串を刺して串が熱くなっていたらOK。

5お皿にカットした野菜、グリルした野菜、ソースと一緒に盛り付けて完成。

おすすめソースの作り方
コクがあるのにスッキリな味。ベーコン+小松菜

ルコラ&パセリソース

  • ルコラ 10g
  • パセリ 10g
  • にんにく 10g
  • 玉ねぎ 10g
  • アンチョビ 8g
  • パルメザンチーズ 5g
  • 白ワインビネガー 20g
  • オリーブオイル 40g
  • 塩 1g(小さじ約1/4)
  • 白胡椒  少々
材料を全てフードプロセッサーにかける。
バーニャカウダーソース

バーニャカウダーソース

  • にんにく 40g
  • 玉ねぎ 60g
  • エキストラバージンオイル 30g
  • 牛乳 50g
  • アンチョビ 12g
  • パルメザンチーズ 5g
  • 生クリーム 80g
  • 塩 味をみて足りなければ適宜
  • 白胡椒  1g
にんにくと玉ねぎを弱火で焦げ目がつかないように炒める。
他の全ての材料を入れて煮込む。
粗熱を取りカッターにかける。
アーリーレッドソース

アーリーレッドソース

  • にんにく 20g
  • 赤玉ねぎ 200g
  • オリーブオイル 50g
  • 赤ワインビネガー 40g
  • はちみつ 20g
  • 塩 2g(小さじ約1/2)
  • 白胡椒 少々
にんにく、赤玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、赤ワインビネガーを入れて軽く煮詰め他の材料を入れる。 刻んだマッシュルームを入れてもよい。
 

このレシピは、「やまと豚ロース肉」「やまと豚バラ肉」を使用しています。


このレシピを制作したのは?
  • 商品部 商品開発課 料理長
  • 谷口昌紀

1973年神奈川県生まれ。2001年にフリーデン入社。「豚肉創作料理やまと 銀座2丁目本店」オープンにあたり、2002年料理長に就任。その後、「やまと 銀座8丁目店」「やまと 南青山店」の料理長を歴任し、2015年フリーデン商品部 商品開発課長兼料理長に。肉の切り方・焼き方~付け合わせや調味料の選び方まで、豚肉(やまと豚)の本当においしい食べ方を探求し続けている。


このページの先頭へ